セブ島の自宅まで荷物を配送してくれる通販転送サービスが超便利!

みなさんは日本に一時帰国した際にお気に入りの化粧品や日用品、調味料などを大量に購入してフィリピンに持ち帰っていませんか?

一時帰国時の貴重な時間を使い買い物につぶされ・・・
ギューギューに詰め込んで重たくなったスーツケース、空港まで運ぶだけでくたくたに疲れ・・・
あまりの重さに、重量超過料金を取られたり、フィリピンの税関では無事通過出来るか心配・・・
時には税関係員に不当な税金を請求されたり・・・。

あるある全部ある~!!

という訳で今回は日本のネットショップで購入した商品をフィリピンの自宅まで配送してくれるTrans Tech(トランステック)の通販転送サービスをご紹介していきます。



セブ島で日本の商品を買えるお店は町屋マートを始めいくつかありますが、価格が定価の2~3数倍するし品数が少ないので、セブに長く住んでいると満足できなくなってきます。

そんな中、メール数回と配送料を振込むだけでフィリピンの自宅まで届けてくれる、この通販転送サービスはフィリピンで快適な生活をおくるのに欠かせないものとなっています。

先日注文していたものが届いたので、注文方法から注意事項までご紹介していきます。

注文方法

まずはトランステックの担当者にメール(teamlbc@e-transtech.com)で問い合わせします。その時に以下情報を予め連絡しておくとやり取りが減ります。

  • 依頼主の住所
  • 依頼主の連絡先電話番号
  • フィリピンの受取人の名前
  • フィリピンの受取人の住所
  • フィリピンの受取人の連絡先電話番号
  • 購入予定の商品リスト (*1)

(*1)物によっては送れない商品もあります。担当者が運送可否を確認しやすくするために商品のURLも一緒に連絡しておきましょう。

その後、実際にネットショップで購入して、こちらの指定住所まで送ります。
株式会社トランステック 通販転送係り ○○○○様宛 (*2)
〒136-0082 東京都江東区新木場1-7-18
℡03-3522-8108

(*2)○○○○は依頼主の名前

今回、私がこのサービスを利用して購入したものは、シャープの空気清浄機、大量の調味料、大量の乾麺、お餅やお稲荷さん用の揚げなど常温保存できる食材、チョコレート、母親が愛用している健康飲料(瓶)、etc.

配送用のダンボールのサイズが73×63×55cmで、商品の合計重量は52kgだったので、トランステックのホームページに載っている重量計算ルールに従うと60kgの運賃になり、今回は手数料全て込で合計18,200円となりました。

60kg分の荷物を日本から持ってくるのはかなり大変だし(というかほぼ無理)、送料2万円弱と考えるとお得感があります。
空気清浄機なんて、日本のネットショップで1万4千円程で買えるレベルのものをセブ島で買うと2万ペソ程するので、その差分だけで送料の元は取れます。

注意点

メリットばかり書きましたが、船便ならではの問題があるので、注意点を記載していきます。

その1 配送期間

トランステックのホームページにはセブ島含むビサヤ諸島は荷物をお預かりしてから概ね3.5~4.5週間という記載があるが、今回は8月21日に全ての商品がトランステックに届き、セブ市内の自宅に届いたのが10月19日だったため、実際は丸々2ヶ月程かかりました。

最近台風が多かったし税関が厳しくなっているとの話もありましたが、セブ市内への配達は2ヶ月ほどかかると思っておいたほうが良いかと思います。

その2 易損品・割れ物

今回、下の画像のようにダンボール底面がテープでグルグルに巻かれ、横向きでの状態で自宅に運ばれました。
見た瞬間というか柑橘系が腐ったような匂いが漂っていたため嫌な予感がしましたが、案の定、母親が愛用している瓶の健康飲料(1本750ml)が3本割れていました(TдT)
トランステック
トランステック通販転送サービス

トランステックの配送サービスには最高1000USドルの保険がかけられていますが、ガラス製品全般を易損品として保証対象外となっております。
幸い、空気清浄機は無事でしたが、ガラス製品や家電を送るときは、壊れる可能性があることを覚悟で送る必要があります。

とは言っても、今まで10回ほどこのサービスを利用して、破損が起こったのが今回が初めてだったので、頻繁に起こるというわけではないと思います。

その3 温度

キットカットなどのチョコーレートも購入したのですが、案の定溶けていました。
チョコレート以外の常温で保存できる食品に異常は見られませんでしたが、チョコレートみたいに溶けやすいものは溶ける可能性が高いので要注意です。

以上、トランステックの通販転送サービスのご紹介でした。

関税の問題でこのサービスが続けられない可能性があると担当者のかたから聞きましたが、私がセブ島に住んでいる間は是非続けていただきたいサービスの1つです!

このサービスの詳細はこちらのホームページをご参照ください!