セブ島でタクシーは時代遅れ?タクシーより断然快適な移動手段グラブカーを使い熟す!

セブ島で生活している皆さんは移動手段はどうしていますか?
ジブニーやトライシクルしか乗らないという方もいらっしゃいますが、タクシーを乗って移動する人が大半だとは思います。

ここで問題なのが、年々増してくるセブの渋滞事情。5年前と比べて明らかにセブ市内を走る車の量が増えています。
最近は、平日の昼間にタクシーが30分つかまらない事もあり通勤や通学の時間帯だけではなく、ちょっとした移動時の悩みの種になっています。

さらに最悪の交通渋滞を招くクリスマスシーズンがまもなくやってきます。
セブ市内では11月後半から年始にかけてタクシーを1時間待ってもつかまらないことも珍しくなく、ちょっとした買い物もできまえん。

そんな中救世主グラブカー(Grab Car()が現れましたので使い方含めて紹介していきます。



グラブカーとはアジアで急成長を遂げている新興企業Grabという会社がフィリピンやシンガポール、タイ、マレーシア、ベトナム、インドネシアなどの国で展開しているタクシー配車アプリの自家用車版です。
乗客はスマホを使い、好きな時間、好きな場所に車を呼べます。

このグラブカーに登録しているドライバーは自分の車を登録してタクシー紛いなことをやっています。ドライバーの中には仕事の合間や週末にアルバイト感覚でやっている人も大勢います。

セブ島で働いているタクシーのドライバーはタクシー会社から車を借りているため、無茶苦茶な運転をする人が結構います。
セブ市内にいると、タクシーと乗用車やバイクなどの事故現場を頻繁に見ます。

それとは対照的にグラブカーの良いところは、ドライバーが自分の車を運転しているため、無茶な運転をする人がほぼいません。自分の車を傷つけたくないので当然ですよね。
また、乗客がアプリの中でドライバーを評価することができ、評価が悪いドライバーは契約を解約させられるため、乗客が嫌がる事を徹底的に防ぎます。

グラブカーのメリットとデメリット

Grab Car(グラブカー)のメリット

  • 登録できる車が2012年以降の車のため綺麗な車が多い。
  • タクシーは気分が悪くなるくらい車内が臭いことがありますが、グラブカーで車内が臭い車に乗ったことがない。
  • アプリで予約する前に料金が決まっているためお釣をボラれることもない。
  • 車を買うことができるほどの財力がある = 教養がある = ドライバーがまとも
  • 50ペソ引きなどのプロモを頻繁にやっている。

Grab Car(グラブカー)のデメリット

  • 特に通勤・通学ラッシュ時間帯に利用するとタクシーより料金が高くなる。参考サイトはこちら

それでは使い方

インストール

まずはインストール。
スマホ、フィリピンで使える電話番号(SIMカード)、WiFi環境が必要になります。


まずはアプリGrabをインストール
アプリを開くと、画面下にGrabTaxi(グラブタクシー)かGrabCar(グラブカー)を選ぶところでグラブカーを選びましょう。
グラブタクシーとグラブカーに登録している車が地図上で確認できます。



地図上の黄色い車が自分の近くにいるタクシー



白い車が自分の近くにいるグラブカーに登録している車
2017年7月現在はグラブタクシーよりグラブカーの方が周りいることが多いです。


予約方法

それでは実際に予約していきましょう。


乗車場所(PICK-UP)と降車場所(DROP-OFF)を選択すると金額(Fare)が表示するので、問題なければ「BOOK」を押して予約します。
この金額は目的地までの距離と現在の渋滞情報を加味して計算されます。そのため、同じ距離でも金額が違うことがあります。



「book」を押すと乗車場所から近くにいるドライバーをアプリが自動で探します。



ドライバーが見つかったら名前・写真・車の車種・プレートナンバー・車の特徴と乗客からの評価が表示されます。



ドライバーがいる場所(白い車)と自分がいる乗車場所(青マーク)、到着予定時間が表示されます。
ドライバーの顔がある付近を押すとドライバーの情報が表示します。



車の種類、ナンバー、色などを確認して乗車場所で待ちましょう。



ドライバーが登場場所に到着するとアプリが知らせてくれます。



目的地に着くと、ドライバーの評価しましょう。



この評価が悪いとドライバーがクビになるそうです。
そのため、態度が悪いドライバーはあまり見かけません。だいたいみんなニコニコしてます。


使い方は以上となりますが慣れてしまえば簡単です。
もうこれでタクシーを30分待つことも、臭い車内や態度の悪いドライバーに我慢することも無くなりますね!

スマホやWi-Fiを使えないフィリピン人がまだまだいるので、まだタクシーは無くなりませんが、ネットがもう少し普及したらタクシーの形態がガラッと変わっていくのかと思います。
セブからタクシー会社が無くなる日が近いかも!