セブ島でジップラインやウェークボードなどのアクティビティが楽しめるパパキッツに行ってきました

2017年6月9日
あいにくの天気の中、セブ島で乗馬、釣り、ジップラインやウェークボードまでできるパパキッツ(Papa Kit’s Marina & Fishing Lagoon)に行ってきました。



場所・行き方

場所はセブ島の「リロアン」という地域になります。

セブ市内から車で45分前後で行くことができます。
タクシーの場合は、セブ市のSMから250ペソ前後で運転手に「パパキッツ リロアン」と言えば伝わります。

ジプニーの場合はSMからリロアン行きの「25」番ジプニーに乗れば行けます。値段は15ペソ。
25番のジプニールートはこちらから確認できます。

パパキッズはハイウェイ沿いにあるので、ジプニーに乗り慣れている人はハイウェイでリロアンやダナオ行きのジプニーに乗ればいけます。

入場料

入場券のみの場合は50ペソ
50ペソ分の食事券とジップラインの50ペソ割引券が付いた入場券は100ペソ

食事券は園内のレストランで使えますが、ドリンク代としては使えません。
ジップラインは通常200ペソが150ペソになります。

あと、アトラクションと食事のセットもあります

写真についているアトラクション+食事で平日は999ペソ、週末は1,199ペソとなります。
仮にセットに入っているアトラクション全てやっても約1000ペソ程なので、個人的にあまりお得感はないですね。

主なアクティビティ 2017年6月9日現在

No アトラクション 値段 メモ
乗馬 15分 75ペソ 敷地内を1周する30分コースがお勧め
30分 150ペソ
1時間 300ペソ
釣り 3時間150ペソ 釣った魚は1kg200ペソで買い取れる
ウェークボード 1回 100ペソ 他にも3時間や6時間コースあり
1時間 400ペソ
ジップライン 1往復 200ペソ なぜかスーパーマンの格好でやると倍かかる
スーパーマンの格好 400ペソ
カヤック 1時間 150ペソ 1ボート(2人)で200ペソのタイプもあり
吊り橋渡り 150ペソ Jungle ObstacleとHanging Bridge
ウォールクライミング 100ペソ 以外と難しい

お勧め
他にもPittiという数人乗りのボートやレンタル自転車などもありました。

それでは1つずつ見て行きましょう

1.乗馬


敷地内を馬に乗って回ります。
馬は大人しく、スタッフが手綱を持って誘導してくれるので安心して乗れます。
2017年6月9日現在で10頭の馬がいました。
綱を引くスタッフの人数にもよりますが、5人ほど同時に乗れます。

2.釣り


水が綺麗とは言えませんが、セブで釣りができるところが少ないので釣り好きには貴重


釣った魚は、1kg/200ペソで買い取ることもできます。


50ペソほど余分に払えば、釣った魚をレストランでフライにしてくれます。

3.ウェークボード


海でボートに引きづられるのとは違い、ローラに捕まって進むタイプです。


スタッフがローラーをコントロールしています。


ジャンプ台も用意されているので、見せ場をつくれます。

4.ジップライン

パパキッズ一番の目玉と言っても過言ではないジップライン
ジップラインと言えばボホール島にあるのが有名ですが、パパキッズのもセブ島随一の高さと長さ(400メートル)がありお勧めです。



写真はないですが、スーパーマンが飛ぶような格好でもできるようですが、値段が倍の400ペソかかります。

5.カヤック


1人1時間150ペソで乗ることができます。(2〜3人乗り)

6.吊り橋渡り


150ペソで2つの隣接する橋(Jungle ObstacleとHanging Bridge)を渡ることができます。

7.ウォールクライミング



落ちても大丈夫なようにスタッフがロープで支えてくれてます。
頼みの綱を持っているのがフィリピン人と言うのでスリルが増しますw

食事

敷地内には2つのレストランがあります。
1つ目が水上コテージやホテルの近くにあるレストラン

メニューがこちら

2つ目が釣り堀に面しているレストラン

メニューがこちら

どちらのレストランもメニューの数は多くないです。

食料の持ち込みは禁止されているのですが、1日1500ペソの水上コテージを借りると、食料を持ち込むことができます。
フルサイズのレチョンのみは持ち込むと別途500ペソ支払う必要があります。

水上コテージはこちら

コテージは古いですが、15人くらい入ることができます。

今回、レチョンを持参しましたが、500ペソは取られませんでした。

ホテル

敷地内にはホテルもあります。

ホテルのタイプは以下の3タイプ
Superior Room:2500ペソ(朝食付き/2人まで)
Deluxe Room:2800ペソ(朝食付き/2人まで)
White House:3800ペソ(朝食付き/4人まで)
予約はこちらから

こちらのパパキッツのホームページを見るとリゾート感が漂ってますが、実際は全体的に少し古びていてローカルチックです。
それでも、セブでは珍しいアトラクションが多いので、アトラクション好きの人にはお勧めします。